トレーニング後の回復について トレーニングは休息と筋力の回復が大事です。充分な休息と筋力の回復で強くなっていきます。

関節軟骨の4段階で分類

前期: 関節軟骨の変性がみられ、衝撃服収力が低下する

この時点では、レントゲン画像においても特徴的な変化がみられず、「膝に違和感を感じる」といった程度で放置されやすい。また、膝関節可動域の減少や膝関節付l筋群の筋出力低下に気付かないことが多い。この時期にリコンデイショニングカf開始できれば、その後の進行をf確実に抑えることが可能となる。

初期: 関節軟骨の変性が進行し、関節軟骨がすり減り始めるとともに、骨親や骨堤などの変化がみられる

初期!の段階まで進行すると、階段の上り下りなどで痛みを感じることが多くなり、医師の診断を受ける人が増える。また、関節水症を引き起こし膝関節に腫れが生じたり、いわゆる「水がj留まるJといった症;1犬が頻繁にみられるようになる。この時期においては積極的にリコンデイショニングに取り組み、その後の進行を抑えなければならない。

進行期: 関節軟骨のすり減りや骨輔、骨堤等の骨の変形がさ5に進行し、O脚といった変形がみ5れる

多くのケースでは膝関節の内側に荷重負荷が加わることにより、内側の関節軟骨だけがすり減り、oJjtlJ変形がみられるようになる。

進行期にまで症状が進むと、膝関節の可動性が著しく損なわれるとともに、動作時の痛み(可動時痛)が強くなり、日常生活に支障をきたすことが多くなる。

関節軟骨等は、一度変形してしまうと元に戻すことは難しいとされている。徒って、この時期におけるリコンデイシヨニングでは、症状(特に痛み)を緩和させるとともに、生じている機能障害を取り除き、さらに「今ある機能を高める」ことを目的とする。

末期: 関節軟骨が完全にすり減り、軟骨下骨が象牙質化してしまう

末期の段階まで進行すると、O脚等の変形や可動制限が目立つようになり、移動時には杖が必要になるなど、日常生活に支障が生じる。

この時期におけるリコンディショニングでは、進行期と同様に、症状(特に痛み)を緩和させるとともに、生じている機能障害を取り除き、さらに「今ある機能を高める」ことを目的とする。

0 Replies to “関節軟骨の4段階で分類”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です