トレーニング後の回復について トレーニングは休息と筋力の回復が大事です。充分な休息と筋力の回復で強くなっていきます。

膝の状態のチェック方法

これらのチェックは膝の状態を把握する役割も大きいが、リコンデイショニング初期においては筋力強化のための主要なエクササイズにもなる。

膝を完全に伸展させ保持できるかどうか。同じ変形性膝関節症でも 、膝が完全に伸展できる場合とできない場合では 、リコンデイショニングの進め方が変ってくる。具体的に述べると、膝が完全に伸展できる場合は大腿四頭筋の内側、内側広筋を強化しやすい。比較的リコンディショニングを進めやすい状態といえる。この場合は、リコンデイショニングが進み、 負荷をかけた筋力強化をおこなう場合は、レッグエクステンションのようなオープンキネティックチェーンのエクササイズが有効である。

一方、膝の伸展に制限がある場合は、その制限が痛みや筋力発揮の問題から来ているのか、それとも、実際に関節の変形が進行した結果、大腿骨と骨がぶつかつて運動制限が起きているのかをみる。痛みや筋力発揮に問題を抱えているクライアン卜に対して、負荷をかけた筋力強化を 始める場合、 OKC エクササイズよりもレッグプレスなどのクローズキネティックチェーンのエクササイズのほうがうまくいくことが多い。しかし大幅に筋力が低下している場合は、やはりOKC エクササイズを採用する。

0 Replies to “膝の状態のチェック方法”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です