トレーニング後の回復について トレーニングは休息と筋力の回復が大事です。充分な休息と筋力の回復で強くなっていきます。

小麦グルテン加水分解物とは

パーソナルトレーニングによって筋損傷や筋肉痛が生じることで、筋肉の成長を促しているとよくいわれます。運動により筋線維が損傷した時、回復後の筋線維が元の筋線維よりも太くなる「超回復という現象が起こります。一般的に、超回復はトレーンングの二日後からスタートすると考えられています。トレーニングをしてから二日ぐらいまでは、筋肉が回復どころの状態ではないからです。

そして、最近のノックアウトマウスを使った研究によると、筋肉の回復には炎症が必須のものではないとされているようです。炎症を抑えて、早く回復できるのであれば、そのほうが良いと思う人がほとんどでしょう。

最近、主に外科領域でグルタミン源として活用されている小麦グルテン加水分解物に、トレーニング後の筋損傷を少なくする効果があることが判明したそうです。元は長距離走で発見された効果ということですが、厳密に調べるために長距離走ではなくサッカーのミニゲームによって効果が検証されたことがあります。運動後に小麦グルテン加水分解物を摂取した場合と、プラセボを摂取した場合とを比較した調査が行われたのです。

ミニゲームで十分に筋線維の断裂も起き、白血球も血中に飛び出したところで、小麦グルテン加水分解物もしくはプラセボを取り入れ、翌日の血中クレアンチキナーゼを測定しました。運動後(WGHもしくはプラセボ摂取時)100として比較すると、調査の対象となった全員で、小麦グルテン加水分解物を摂取したときのほうが、プラセボを摂取したときよりも翌日のクレアンチキナーゼが低くなったそうです。