トレーニング後の回復について トレーニングは休息と筋力の回復が大事です。充分な休息と筋力の回復で強くなっていきます。

グルタミンの補給ペース

パーソナルトレーニングをする時はグルタミンの補給が重要ですが、たとえばランニングのときなどはどの程度のグルタミンを補給すればよいのでしょうか。トレーニング後のダメージを低減し、回復を促進するためにはグルタミンが欠かせないことは知っているという人は多いと思いますが、実際にはどのくらい必要なのでしょうか。

たとえば、体重が50キロであれば、全身の血液中に約350ミリグラムのグルタミンがあるといわれています。小麦グルテン加水分解物には3グラムで、約800ミリグラムのグルタミンが含まれており、これだけで全血液中の2倍のグルタミンが含まれているという計算になります。

ランニングをしながら1時間毎に3グラムずつ小麦グルテン加水分解物を摂取した人とそうでない人を比較すると、小麦グルテン加水分解物を摂取している人はグルタミンを維持できているのに、そうでない人は時間がたつにつれて減ってしまうことがわかったそうです。

また、小麦グルテン加水分解物を1時間毎に3グラム摂取する人と、そうでない人で超LSD(Long Slow Distance)をするという実験が行われたこともあります。このとき、どちらのグループも8人ずつでスタートしました。そして15時間が経った時、小麦グルテン加水分解物を摂取していたグループは7人残っていたのに対し、もう一方のグループは2人しか残っていなかったそうです。

また、通常のペースでレースを走った場合においては、1時間程度でもグルタミンが減ってしまうことが考えられます。したがって、事前に小麦グルテン加水分解物を摂取しておくと、グルタミンの減少が防げるでしょう。